キッズ

保育園の靴の名前はどこがおすすめ?保育士目線で紹介します☆

保育園に入園すると、いろいろな物に名前を書かなければなりません。

その中でも、名前をつける位置に困るものが『靴』ではないでしょうか?

今回は保育士目線とママ目線の両方からの視点で、おすすめの場所を紹介します。

 

みんなはどこに名前をつけているの?

 1位 かかと

  2位 ベロの裏

  3位 中敷き

靴の名前の位置でダントツで多いのは『かかと』です。

かかとに黒のマジックなどで名前やフルネームをつけているママが多いです。

次に多いのが『ベロの裏』。

ベロの裏にはじめからタグがついている靴(ニューバランスなど)の場合は、タグに名前を書いたり、名前シールを貼っているママもいます。

3位が『中敷き』。

靴にもともとある中敷きに名前をつけるのではなく、別の中敷きを用意してつけているママがいます。

 

保育士のおすすめは『かかと』か『中敷き』

「靴の○○に名前をつけてください。」と保育園で指定されている場合は、それにしたがってもらうのが一番です。

しかし、多くの保育園で「名前をつけてください。」としか言われないと思います。

その場合はどこに名前をつけても間違いはありません。

ただ、保育士目線でおすすめの場所は『かかと』か『中敷き』です。

その理由は、

名前が見やすく、誰の靴なのかすぐにわかるから

です。

未満児や年少さんなど小さな子どもは、自分の持ち物がわからないことが多いです。

特に入園したばかりの頃は、靴をしまう場所を覚えておらず、お友だちの靴箱に入れてしまう子どもがたくさんいます。

ある程度の時間が経つと、「これは○○ちゃんの靴ね。」と保育士もわかるようになるのですが、

入園したばかりの頃や、靴を新しく買い換えたばかりの頃は誰のものかわからなくなってしまいます。

そのため、靴を見たときにすぐに目に入る場所に名前があると非常に助かります。

ベロの裏ではダメということではありませんが、パッと見たときにわかる場所につけてもらうと嬉しいですね。

 

名前はフルネームの方がいい?

名前はフルネームで書いた方がいいですか?

と質問されることがありますが、

フルネームでなくても大丈夫です。ただ、

 

・クラスに同じ名前の子どもがいる。

・下駄箱が全クラス一緒。または、園で一つしかない。

 

という場合にはフルネームで名前をつけておいたほうが安心です。

保育園にニューバランスやイフミーなどの靴をはいてくる子供が多いため、

「全く同じ靴、しかも下の名前まで一緒」ということも稀にあります。

靴のはき違えや、紛失を避けるためにはフルネームがおすすめですよ。

 

ちなみに、『防犯のために名前は書かずにイニシャルだけ』という場合もありますが、

紛失する可能性が高くなるのであまりおすすめできません。

「知らない人に子どもの名前を知られたくない。」という方は『中敷き』に名前をつけてみてください。

中敷きなら履いてしまえば名前が見えなくなるので安心ですよね。

 

靴の名前つけにおすすめのアイテム

靴の『かかと』に名前をつける場合はマジックで書くことが多いと思います。

しかし、防犯のため『ベロ裏』や『中敷き』に名前をつけたい場合は、お名前シールがおすすめ☆

名前を書く手間がはぶけるだけでなく、動物や乗り物などのマークが名前と一緒になっていることで、子どもが自分の靴だとわかりやすくなるメリットがあります。

子どもが好きなマークを選んであげることで、靴を間違えることも少なくなることでしょう。

 

 

上のようなお名前シールなら1000円で最大159枚ついてくるので、靴だけでなく服の名前つけにも使うことができますよ。

「保育園の着替えなどに名前をつけるのが大変。」というママにもおすすめです。

 

まとめ

靴の名前つけについて紹介しました。

保育園に通い始めると、靴や服などに名前をつける機会がとても多くなります。

仕事や家事などをしながら保育園の準備をするのは大変な作業です。

名前シールなど時短になるアイテムを使いながら、保育園準備をしてみてくださいね。

-キッズ

Copyright© フレーフレー!mama&kids , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.