キッズ

靴下の名前はどこにつけるのが正解?おすすめの方法を紹介!

保育園や幼稚園などに行くようになると、ありとあらゆるものに名前をつけなければなりません。

洋服や帽子などはタグがついているため、わかりやすく名前をつけることができます。

しかし、靴下には記名をする場所がありません。

一体どこに名前をつけるのが正解なのでしょうか?

今回は、靴下の名前つけについて紹介します。

 

靴下に名前をつける方法

靴下に名前をつける方法はいくつかあります。

どんな方法があるかと、メリット・デメリットを紹介します。

 

1.油性マジックで書く

靴下の名前つけで1番多い方法は『油性マジックで書く』。

靴下のつまさき、足の裏、履き口など、どこに書くかはママによって違いますが、自宅にある道具で簡単に名前を書ける方法です。

デメリットとしては、靴下の生地が伸びやすいため書きづらいことや、黒など色の濃い靴下だと名前が見えなくなってしまうことがあげられます。

<メリット>

・誰でもすぐにできる。

・マジックがあればよい。特別な道具はいらない。

<デメリット>

・書きづらい

・紺や黒など濃い色の靴下には書けない。(目立たなくなるため)

 

2.フロッキーネームを使う

フロッキーネームとは、アイロンでつけることができる名前シール。

一般的な名前シールと違うところは、背景と名前が一体になっておらず、文字だけが独立した状態で貼れること。

一般的な名前シールよりも場所をとらず、細かい場所にも貼ることができます。

ただし、洗濯を繰り返していくうちに名前の一部だけが剥げることがあります。

<メリット>

・小さな靴下にもはりやすい。

・通常の名前シールよりも目立ちづらい。

<デメリット>

・文字の一部分だけがはげることがある。

・立体感があるタイプは、履き口裏につけるとザラザラする。

 

3.ネームスタンプを使う

服や小物などの名前つけに便利なネームスタンプ。

入園準備品としてい利用しているママも多いと思います。

インクをつけて押すだけなので、手間いらず。

マジックと違い、字が苦手な人でもキレイな字体で名前をつけることができます。

インクは黒だけでなく、白などもあります。

デメリットは、黒以外のインクは洗濯をすると落ちやすいこと。

また、ボコボコした生地には名前が押しにくいことです。

<メリット>

・スタンプを押すだけなので簡単。

・字が苦手な人でもキレイな字体で名前をつけることができる

<デメリット>

・黒以外のインクは洗濯で落ちやすいことがある

・ボコボコしている靴下には、スタンプを押しにくい

 

どの方法が1番おすすめ?

個人的なおすすめは、マジックやお名前スタンプで靴下に直接名前を書く方法です。

以前、100均のアイロンテープを小さく切り、名前を書いて靴下にはりつけたこともあります。

そしたら、アイロンテープが小さく、接着面が少ないために洗濯をしているうちにはがれてしまいました。

反対に、靴下に直接名前を書いた方が持ちがよく、洗濯をしているうちにはがれてしまう心配もありません。

名前が薄くなってしまうこともありますが、上からなぞって書けば復活しますよ。

ただ、色の濃い靴下にはマジックや黒のインクは通用しません。

色の濃い靴下をはく機会が多いお子さんは、フロッキーネームを使うのもありだと思います。

 

靴下のどこに名前をつけるのがおすすめ?

名前のつけ方を紹介しましたが、もう一つ気になるのが靴下のどこに名前をつけるのがおすすめなのか紹介します。

1番おすすめの場所は、靴下の裏のつちふまずの位置。

なぜこの場所がおすすめかというと、地面や肌などと接地することが少なく、名前が消えにくいからです。

名前が他人の目にさらされるのがイヤという方でも、足の裏なら靴を履いてしまえば見えません。

あと、柄付きの靴下でも靴下裏は無地のことが多いので、名前がつけやすいと思います。

 

まとめ

今回は靴下の名前つけ方法や、どこにつけるのがおすすめなのかを紹介しました。

子どもの小さな靴下に名前をつけるのは地道な作業です。

着替え袋やカバンなどと違い、つい名前つけを後回しにしがちなアイテムでもあります。

しかし、実は保育園や幼稚園でなくなってしまうことが多いアイテムが靴下なんです。

少し手間ではありますが、名前をつけるだけで靴下がなくなってしまうことを防ぐことができます。

入園準備のひとつとして、早めに名前つけに取りかかってみてくださいね。

-キッズ

Copyright© フレーフレー!mama&kids , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.